人気転職サイト|利用者の口コミランキング

 転職をする場合、自分が応募できる求人はどのくらいあるのだろうか?誰でも最初に考えますよね。求人検索は、自分が求める求人が多く掲載されている転職サイトを見つけられるかどうかになります。では、自分に合う転職サイトを探すのはどうすれば良いのでしょう?

 

 転職サイトの使い勝手の良し悪しを決めるのは、実際に使用しているユーザーの評判や口コミが一番信用できるのです。当サイトは、そんな貴方のお悩みを解決するためのサイトです。コンテンツには、人気転職サイトランキングを掲載して、それぞれのサイトの特徴や掲載が多い職種、登録するメリットやデメリット、口コミなどを載せています。どうぞ、人気転職サイトを参考に自分に合う求人をチェックしてみてくださいね。

 

リクナビNEXT 
  • リクルートエージェントが運営しているサイトなので、大手企業からベンチャー企業まで多くの求人が掲載されていて、安心して利用することができます。
  • 掲載している求人が多くサービス内容が充実しているので、就活や転職を希望する多くの求職者が必ず登録する人気のサイトです。
  • 登録した人だけが閲覧できる非公開求人も多く、スカウト登録をしておくと企業から連絡がくることもあり思わぬ求人に出会えることもあります。


リクルートエージェント 
  • 登録は無料で、求人紹介から転職に必要なレジュメの書き方、面接日程調整、企業情報、面接対策など転職に関するあらゆるノウハウをアドバイスしてもらえます。
  • 候補者の紹介実績が高く企業との信頼関係が構築されているので、 求人票にはない応募する企業が好む質問ポイントや、組織構成、面接官の略歴などの面接対策を伝授してもらえます。

引き止めに応じることは有り?

 

 会社から引き止めにあった時の対応、困りますよね。転職先がまだ決まっていない、これから転職活動をするという人は、特に迷うのではないでしょうか。転職先がすでに決まっていても、会社からの思わぬ引き止めに「どうしよう」と考える人は少なくはいはず

 

待遇が甘過ぎる・魅力的過ぎるのは危険

 

 ブラック企業に気をつけなければならないのは就職希望者だけではありません。年代性別問わず、転職希望者もブラック企業の罠に引っかからないようにしましょう。

 

損はないけど得もない?

 

 就職や転職にかかわらず、どこかの企業の面接を受けたら、その後にはお礼状の存在を意識して欲しいもの。しかし、意識したところでそれを実際に出す人は、もしかしたら少数なのかもしれません。なぜなら、お礼状は採否を決定づけるものではなく、出したとしても特に損することはないが、得もないと言われることが多いからなのではないでしょうか。

 

「内定受諾」はよく考えて!

 

 内定通知をもらってからどうするか?転職活動の間はつねにそれを先取りして考えておく必要があります。

 

「退職願」を作成して提出しよう!

 

 「退職届」と「退職願」の違いですが、「退職届」は会社都合で辞める場合に提出をするもので、後日撤回することが可能であるとされています。

 

なぜ円満退職しなければならないの?

 

 せっかく苦労してつかんだ内定も円満退職できなければすべてが水の泡になってしまいます。

 

 “辞めたらどうせ縁が切れてしまうのだから円満退社なんか自分には関係ない”という考え方では転職してもうまくいいかないかもしれません。狭い業界ですからどこでどのように自分のうわさが伝わって、仕事が回らなくなるかわからないのです。

 

“どうしても競合他社ではなくこの会社に入りたい理由”を探そう

 

 求人広告や自社サイト、転職口コミサイト、会社四季報などを読んで企業研究をすることは非常に重要です。転職エージェントによっては紹介先の会社の面接を受けるまえに担当キャリアコンサルタントが企業について知っておくべきことをまとめた小冊子をくれる会社もあります。

 

なぜこの会社に入社したいと思ったのですか?

 

 採用担当が志望動機を聞く意図は質問文とは別にあって、「どうしてわが社を受けに来たのか?」「他の同業他社にはないわが社の魅力とは何か?」「わが社のことを褒めてみて」という本音が込められています。

 

 自社サイトなどをよく読んで事前に自分が面接を受ける企業について褒め言葉を用意して面接を受けましょう。

 

入室から着席までに採否の50%は決まっているって本当?!

 

 採用担当に名前を呼ばれたときに、打てば響くような明るい元気のある声で返事ができるかどうか?!まずこれがチェックポイントです。意外に元気のない暗い声を出す転職希望者が多いと言われます。

 

転職回数が異様に多い

 

 転職回数が10回以上あって、履歴書をいつも2枚書いて提出している人がいましたがこれは不可です。職務経歴書を10枚以上書いて出すのも不可です。